案内

樹木葬で生きた形を残す【残された人たちの心の拠り所】

宗教による違い

葬儀

火葬は世界的にも行われているもので、宗教によって微妙な差異があります。また、昔は火葬を禁止されていたのに現在では許可されていたりと、宗教問題とはいえ時代の変化はあるようですね。仏教は火葬を基本としているため、関係が深いヒンドゥー教でも最も多いのは火葬です。遺体は棺桶に入れずに布でくるまれることが多いようで、また火葬場や墓地で行われますがいずれの場合も屋外が基本になります。火葬のための燃料は専用の薪が使われ、遺骨は川に散骨されます。この川は水葬と同じくガンジス川を利用することが多いようですね。仏教の教えでは火葬の際の煙は霊魂を天上界に送るためのものだとされていますが、現在の日本では周辺地域の住民の苦情が入ったりするため煙を屋外に出さないような火葬炉を使用するところも多いです。儒教では火葬は身体の毀損行為であり、身体を傷つけることは大きな罪であるとされていたため禁止されていました。しかし、儒教の国である韓国では現在火葬が増えているようです。これは狭い国土で人口が増加し、土葬用の土地を確保することが難しくなったことに起因しています。日本でも同じ理由で土葬が廃れていきました。現在では土葬は宗教指導者など一部の人に限られています。ユダヤ教やイスラム教、キリスト教では復活の際に肉体を必要とするため火葬は忌避されています。イスラム教では火葬は晒し首と同じく追加刑罰だと考えることもあるようですね。キリスト教は日本では火葬を認めていますが、それ以外の地域では火葬に対して否定的なようです。