案内

樹木葬で生きた形を残す【残された人たちの心の拠り所】

普及した理由

花

埋葬の方法にも色々な種類があるものですが、最初にも言った通り日本ではほぼ100%火葬です。日本では古くから土葬が行われてきましたが、火葬の普及と共に廃れていき、現在では一部の地域に土葬可能な施設があるだけになりました。例外で天皇や皇族は代々土葬になっていましたが、今上天皇が火葬を希望するという以降を発表したことでこの慣習も終わりを迎えようとしています。何故火葬がここまで普及するようになったのかということですが、もっとも大きな理由は衛生上の問題が挙げられます。土葬を行った場合、遺体は土の中の微生物によって腐敗していきます。この腐敗は埋葬地周辺に長期にわたって腐敗菌が残存することになり、この菌を広めないためにはかなり広域な土地を必要とします。伝染病で亡くなった場合には腐敗云々を抜きにして大変危険であり、こういった理由から火葬は全国的に普及していきました。また、日本は無宗教者が多い国であり、埋葬方法にこだわりがない人がほとんどです。そのため、科学的な根拠もあって普及している方法をわざわざ否定する人もおらず、その結果火葬が一般的になったと言えます。都市部では土層に必要な土地を確保することができないといった理由も存在していて、総合的に見ても火葬が最も適しているものなのです。ただ、日本においても神道家の中には火葬を禁忌とする思想もあり、琉球の洗骨葬のような地域文化に対する圧迫ととられる場合もあるので注意が必要です。とはいえ、沖縄でもほとんどが火葬になっているのでトラブルになることはまずないと言えるでしょう。