案内

樹木葬で生きた形を残す【残された人たちの心の拠り所】

新しい方法

花

樹木葬という方法ですが、日本では1999年に初めて行われたもので、比較的新しい埋葬の方法です。花や木を墓石の代わりにしていて、自然に囲まれた場所で眠りたいと人気を集めています。樹木葬は墓石を利用しないものですが、粉骨を海などに撒く散骨とは違い、行政の許可を得た霊園や墓地に遺骨を埋葬するという扱いになります。この樹木葬の特徴はお墓を利用しないため継承者がいなくても使用可能だということです。基本的に墓は継承者が必要ですが、独身者や核家族が増えたことで継承者がいないというケースも増えているため、こういった方法が注目を浴びています。また霊園の使用料に関しても通常の墓を購入して利用する場合に比べて安く設定されています。一般的な墓地を購入して墓石を建てた場合には200〜300万円ほどが相場となっていますが、樹木葬では30〜70万円程度であることが多いです。管理費が要らないというケースもあるので、経済的な埋葬方法だといえます。この樹木葬には里山型と公園型があり、里山型であれば山深い自然の中でゆっくりと眠ることができ、公園型であれば庭園のように整えられたガーデニングタイプのようなものもあります。自然を愛する人、花や木が好きな人などにはまさにうってつけの埋葬方法ですね。非常にエコで低コストな埋葬方法という事で樹木葬は近年注目される埋葬方法の1つとなっているので自然が好きだという方はこの埋葬方法を考えてみるのも良いでしょう。