葬式

樹木葬で生きた形を残す【残された人たちの心の拠り所】

好きなものに囲まれて

案内

樹木葬は花や木を墓碑とする埋葬方法ですが、この墓碑に利用される樹木にはいくつか種類があります。木の中で最も多く利用されるのは低木です。ハナミズキやサルスベリ、ヤマツツジなど花が咲くものが一般的ですが、中にはモミジやポプラなどの広葉樹やクスノキなどの常緑樹が使用されることもあります。そんな中で最も人気を集めているものは桜です。桜を使った樹木葬は桜葬と呼ばれることもあり、日本人が桜に対して特別な思いをもっていることがよくわかると思います。美しい桜の下には死体が眠っているという噂もありますが、あながち間違いではないのですね。桜の種類としてはサトザクラやヤマザクヤ、フジザクラなどが一般的なようです。樹木葬は全体的に和のイメージが強いものですが、近年では英国庭園のような美しいガーデニングを施した霊園も登場しています。そういった場所では和風の木を用いることがせず、ダイアナやプリンセスオブウェールズのような華やかな四季咲きのバラを植えることもあります。あるいは和洋折衷とでもいいますか、区画によって和風と洋風が分かれているものもあり、自分の好きな木や花に囲まれる楽しみのようなものが増えているようですね。最近ではこのような埋葬の方法もあるので興味がある方は一度専門でサービスを提供している業者に問い合わせなどを行なってみると丁寧に樹木葬についてのお話を聞くことが出来るようになっているのでまずは問い合わせることが大切です。

宗教による違い

葬儀

世界的には人が亡くなったら火葬を行なうのが一般的です。日本でも仏教の影響からか火葬を行なうのが一般的となっています。仏教的な要因も日本の火葬にはありますが、土葬を行なう土地がなくなったというのも理由の1つとなっています。

詳細を確認する

新しい方法

花

日本でも行なわれる事のある樹木葬はかなり新しい埋葬方法となっていて、墓石の代わりに樹木を利用してお墓にします。樹木葬は経済的にもお得で墓石を使用するよりも費用が安いのも特徴となっています。

詳細を確認する

普及した理由

花

日本ではほぼ100%の方が火葬での埋葬となります。昔から行なわれていた土葬は火葬が普及される様になった事から段々と行なわれなくなったようです。火葬は伝染病などを広めない埋葬方法でもあるのでかなり合理的な埋葬方法です。

詳細を確認する